生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

キョウ山の金毘羅さん周辺の石仏など(生駒市萩の台)

   

石福寺や金毘羅さんがある旧乙田村の中心地は生駒市萩の台に町名が変わったようです。現在の乙田町といえば金毘羅神社から南東部に広がる矢田丘陵のエリアで、ほとんどが山と畑になっています。矢田寺参詣道の両側に見られる棚田は、休耕田か耕作放棄地となっており時代の変化を感じずにはいられませんね。


キョウ山の小高い頂にある金毘羅さん

乙田の町名はどこ?

歯痛地蔵
歯痛地蔵
端(はし)の地蔵が転じて歯の地蔵となった(?)

旧乙田村の東の端から小高いところを目指して登っていくと、唐突に神社が現れます。入口が狭く、うっかり見過ごしてしまいそうな場所でした。

金毘羅神社
金毘羅神社

撮影するのも一苦労です。

安政灯篭
安政灯篭
安政二年、金毘羅大権現

多分これが文献に出てくる安政灯篭だと思いますが、ちょっと自信がありません。

急な坂を下って参詣道の続きを歩いていくと、立派な石灯篭にの祠がありました。石灯篭には文政二年の銘があり、「御城主御武運長久」と刻されています。また、大きく「太神宮」とも記されているので、江戸期に流行したおかげ参りと関係があるようですね。

祠と太神宮の石灯篭
天照皇大神

文献によると祠内には陽石が祀られているとのことでしたが、中を確認することはできませんでした。この場所は乙田村の東北にあって、通称「馬つなぎ」と呼ばれており、郡山城主が馬をつないだ場所であると伝えられています。

生駒山を望む
生駒山

萩の台から現在の生駒市乙田町に変わるあたりで、振り返って西に目をやれば生駒山の雄姿が飛び込んできます。おかげ参り盛んなる頃、旅から帰った村人が最初に見た風景です。山は昔と変わりなく旅人を温かく迎え入れてくれることでしょう。

参考文献
奈良県生駒郡平群町石造文化財 平群谷(平成三年)

[2014.06.08 撮影]

 - 平群・矢田丘陵 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

専念寺
専念寺の石造遺物(平群町久安寺)

通法山専念寺(融通念仏宗)は久安寺の旧字南垣内にあり、境内に特筆すべき石造遺物が …

くさ神さん
七倉の辻堂(生駒市平群町信貴畑)

七倉西入口に小さな祠(辻堂)があり、中に三体の石仏が祀られています。土地の人から …

峯腰痛地蔵尊
峯腰痛地蔵尊(生駒郡平群町櫟原)

以前紹介した「いちはら越」の古道は、櫟原上垣内(峯の垣内)から八尾市神立とを結び …

地蔵
中央公民館前の石造物(生駒郡平群町福貴)

生駒川(竜田川)にかかる平群橋を横断すると正面に地蔵屋形があるのに気が付きます。 …

首なし阿弥陀如来
生駒山口神社(生駒郡平群町櫟原)

生駒山口神社は江戸時代の地図には一之宮と記されています。素戔嗚尊を祀り、雨乞いの …

馬頭観音
安明寺叶堂・馬頭観音坐像(平群町三里)

お堂は火事で消失したものの、ご本尊の千手観音様は健在とのこと。叶堂は古くから疫病 …

板碑
石福寺の石造遺物(生駒市萩の台)

正根山・石福寺は融通念仏宗のお寺で、本尊は石造地蔵菩薩立像。旧乙田村の菩提寺とし …

辻の地蔵
吉新の石仏二題(生駒郡平群町)

生駒郡平群町吉新とは旧字の吉田邑と新家邑が明治八年に合村してできたところです。そ …

揺るぎ地蔵
揺るぎ地蔵石仏群(平群町指定文化財)

清水の流れる鳴川には、たくさんの石造遺物が残されています。その代表的存在は、「ゆ …

鑑石
長楽寺の石造仏(生駒郡平群町吉新)

藤出山・長楽寺は、ご本尊を聖観音立像とし、用明天皇二年(586)に聖徳太子により …