生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

立石越・迎え地蔵の辻(八尾市服部川)

   

近鉄信貴線が南に90度カーブする先に服部川駅があります。駅前から神社やお寺を横目に登っていくと、立石越のハイキングコース入口にたどり着く。結縁地蔵堂の前で小休止して山道に取り付くと、歩く人が少ないのか軽いヤブ漕ぎが必要になります。

八尾市が整備する立石越ハイキングコース

ルートラボ閲覧にはInternet Explorerをご利用ください。詳しい事情は次の記事をご参照いただければ幸いです。

夏場はちょっと敬遠されるハイキングコース

近鉄服部川駅の周辺には売店やコンビニもなく、ハイキングにはちょっと不便な場所。事情を知っていれば問題ないのですが、知らずに行くと難儀します。そんな事情からか、このコースを歩く人は少ない。おかげで静かな山歩きが楽しめるのですが、夏場はヤブ漕ぎにハエや蚊の大群に悩まされます。

迎え地蔵の辻
迎え地蔵の辻

途中に東屋のある休憩所を通過するとすぐに、分岐点に到着します。ここが迎え地蔵の辻で、斜面の上の方にお地蔵さんが立っています。辻のどちらを取っても、生駒縦走歩道に合流できます。

道しるべ地蔵
迎え地蔵

かなりの急斜面に立つお地蔵さんなので、撮影には注意が必要です。斜面で滑らないようにしましょう。お地蔵さんの右側から迫るのが吉ですよ。

両肩の銘を確認
迎え地蔵

「右 志ぎ山 たつたみち 為無縁法界 久安寺村」

「左 まつのを山道 享保二十乙卯年四月吉日 市兵衛」

近くによると結構はっきりと銘が読み取れます。やはり「道しるべ地蔵」ですね。そうすると、昔はもっと低い位置に立っていたはずで、道が掘り下げられのかもしれません。あるいは、わざと高い位置に移動させたのでしょうか。

「まつのを山道」とは松尾寺参詣道を示しているのでしょう。十三峠にも松尾寺(松尾山)の道標が立っています。夏はおススメできませんが、紅葉シーズンなら超ご機嫌なルートです。食料や水をご自宅の近くで調達なさってからお出かけください。

[2013.09.18 撮影]

 - 恩智・山畑・水越 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

説明書き
薗光寺・十三仏(八尾市水越)

生駒山系には多くの十三仏遺品が残されています。それらほとんどは平群谷や生駒谷など …

子安地蔵
子安地蔵尊(八尾市郡川)

八尾市郡川の子安地蔵尊は、曹洞宗・法蔵寺への参詣道入り口に位置しており、その先は …

大竹観音堂
大竹観音堂(八尾市大竹)

八尾市の東部(北は楽音寺から南は恩智)のエリアは古い伝承がたくさん残された地域で …

かわちごえ
河内越自然石の道しるべ(八尾市神立)

大阪と奈良を結ぶ峠越えの街道のうち、河内越は八尾市神立と平群町檪原を結ぶ利用者の …

結縁地蔵堂
結縁地蔵堂(立石越ハイキングコース)

立石越ハイキングコースは近鉄服部川駅から高安山・信貴山への手軽なハイキングルート …

DSCF3832
八尾市楽音寺の薬師石仏

心合寺(しおんじ)山古墳の北、東大阪市と八尾市の境界線に近い八尾市楽音寺の細い道 …