生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

信貴山周辺の石造遺物Ⅰ(目洗地蔵尊)

   

信貴山へは大阪や奈良からバス、電車、ケーブルカーが通じており、宝山寺と並ぶ人気の参拝スポット。周辺ではたくさんの石造遺物を見ることができます。今回はちょっと寂しい場所にあるお地蔵さんをご紹介しましょう。


西和消防署の看板を目印に石段の山道を登る。

信貴山奥ノ院は十五丁離れた場所にある。

奥ノ院というと一段と奥まった山の中にあるというのが普通ですが、ここ信貴山では奥ノ院は十五丁離れた信貴畑の集落にあり、200m近く標高も低くなります。気楽な気持ちで奥ノ院へ参拝すると戻れなくなりますよ。今回紹介する目洗地蔵尊は、信貴山から奥ノ院への参詣道(毘沙門天道)の途中にありました。

手前に目洗い井戸
目洗い井戸

祠手前の足元には井戸があって、水が湧き出ています。この井戸を横断するように旧道の踏み跡が南北に通じています。

磨崖目洗い仏(仏身60cm)
目洗地蔵尊
石段を登り詰めると不釣り合いなコンクリート製の覆い屋

離れた場所から見ると祠のようですが、近づいてみると大岩を取り囲むように壁と屋根がコンクリートで塗り固められています。元々自然石の屋根と柱があって二重に囲むことで、不自然さを感じさせます。

目洗地蔵尊の扁額
目洗地蔵尊
打ち付けられた人型(悪質な悪戯)

目洗地蔵尊は自然石に刻まれた阿弥陀磨崖仏です。「目洗」の由来はよくわかりません。先ほどの踏み跡を南へ辿れば、地蔵尊の謎が解けます。

崩落した大岩に刻まれた磨崖仏
磨崖仏地蔵

足元が不安定で撮影するのも困難な場所に、磨崖仏が刻まれた大岩が横たわっています。これ以上崩落が進むと近寄るのは危険になるでしょう。

船型磨崖地蔵立像(仏身41cm)
磨崖仏地蔵

こちらは紛れもなくお地蔵さんですね。痛ましいことに、お地蔵さんの頭部を亀裂が直撃しています。風化も激しく衣紋さえもぼんやりしています。注意深く観察しないと発見できないかもしれません。

磨崖仏地蔵

かつては阿弥陀さんと並んで立っていたのが、地盤の崩落により現在のように引き離されたと考えられます。二尊仏として信仰されていたというのが真相のような気がするのですが、いかがでしょうか。方やコンクリートに守られ、方や風雨に晒され。いつどのようにして運命が分かれたのか知りたいところです。

参考文献
奈良県生駒郡平群町石造文化財 平群谷(平成三年)

[2014.09.23.撮影]

 - 信貴山 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

瘡神社
瘡神社(くさじんじゃ)の石造遺物(三郷町勢野東5丁目)

大和川が大きく湾曲する北側に三郷町勢野東の住宅街が区画されています。街の中心部に …

阿弥陀如来
勢野墓地の石造遺物(三郷町勢野東)

三郷町勢野を縦断する県道194号線を隔てた東西に勢野の墓地があり、それぞれに興味 …

謎の石
寶青院の石造遺物(平群町信貴畑)

信貴山と奥ノ院を結ぶ毘沙門天道を大谷池から信貴山へ向かって歩いて行くと、山側に寶 …

トラ
信貴山周辺の石造遺物Ⅱ(開山堂~成福院)

紅葉のシーズンになると多くの観光客で賑わう信貴山。朝護孫子寺・毘沙門堂の舞台から …

十三仏
信貴山周辺の石造遺物Ⅲ(千手院の参道付近)

毎年12月になると大根炊きを目当てに多くの観光客で賑わう信貴山。会場となる千手院 …