生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

七倉の辻堂(生駒市平群町信貴畑)

   

七倉西入口に小さな祠(辻堂)があり、中に三体の石仏が祀られています。土地の人からは「くさ神さん」と呼ばれ、今も大切にされています。


周囲は舗装され、拡幅されている。

七倉は平群町信貴畑の西端に位置する

七倉という地名は旧字で、現在は平群町信貴畑に属しています。地図で見ると西に平群町久安寺と境を接していて、信貴畑の中央部を縦断するフラワーロード(広域農道)で区切られています。辻堂は七倉西入口に相当する場所でした。

七倉の辻堂
辻堂

普段は地元の人以外は通行しないだろうという、そんな農道がカーブする地点に辻堂が立っています。コンクリートブロックを「コの字」に積み上げ、木製の三角屋根を重ねた簡素な造りですが、最近建て替えられたのでしょう。真新しい感じがしました。

三体の石仏
石仏

向かって右から、

  • 船型阿弥陀如来 仏身15cm
  • 船型大日如来 (銘)阿○大日寺
  • 小石仏 仏身20cm
  • 「くさ神さん」の謂れ
    由緒書き

    ここ七倉の辻堂に迎えられ、人々の迷いな病苦しみを合掌すれば助け、救われ明日の幸を頂き心さわやかに癒され、有難きみ佛 幼児の吹き出物あれば瘡神さんと親われ親御の祈り聞き給ふ尊き場なり
    日日合掌合掌
    大日如来

    大日如来
    くさ神さん

    文献資料には「前期石仏はくさ神さんとして土地の信仰があつい」とだけあり、どの石仏なのか特定できませんでした。しかし、辻堂の由緒書きから大日如来が「くさ神さん」なのでしょう。尤も、特定することになんの意味もありません。今ほど医療が発達せず、衛生状態も良くなかった時代、子どもの皮膚病は深刻だったに違いありません。

    お堂の外にも小石仏
    小石仏

    うっかり見落とすところでした。写真も撮ってお礼も済ませたので、立ち上がりかけてふと顔を上げた時に発見しました。もちろん、ご挨拶するのを厭いませんよ。再び軍手を外して帽子を取り、そっと合掌。日日合掌合掌。

    参考文献
    奈良県生駒郡平群町石造文化財 平群谷(平成三年)

    [2015.07.20 撮影]

     - 平群・矢田丘陵 ,

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      関連記事

    墓地
    櫟原墓地の十三仏板碑(生駒郡平群町櫟原)

    河内越の山道(林道)と広域農道(フラワーロード)は、とゆかわ橋で立体交差します。 …

    西庄墓地の石仏(平群町福貴畑)

    大阪側から十三峠を水呑自動車道で越えると、大きくS字にカーブする手前に西庄の墓地 …

    馬頭観音
    安明寺叶堂・馬頭観音坐像(平群町三里)

    お堂は火事で消失したものの、ご本尊の千手観音様は健在とのこと。叶堂は古くから疫病 …

    板碑
    石福寺の石造遺物(生駒市萩の台)

    正根山・石福寺は融通念仏宗のお寺で、本尊は石造地蔵菩薩立像。旧乙田村の菩提寺とし …

    鑑石
    長楽寺の石造仏(生駒郡平群町吉新)

    藤出山・長楽寺は、ご本尊を聖観音立像とし、用明天皇二年(586)に聖徳太子により …

    専念寺
    専念寺の石造遺物(平群町久安寺)

    通法山専念寺(融通念仏宗)は久安寺の旧字南垣内にあり、境内に特筆すべき石造遺物が …

    ミヤマグチ
    ミヤマグチの地蔵(明心道の石仏・平群町)

    奈良・法隆寺の高僧と称えられる道詮律師が引退後の住まいと伝わる富貴寺。(現、白山 …

    野仏
    鳴川ハイキングコースの野仏(二本杉の小石仏)

    近鉄生駒線・元山上口駅を降りて櫟原川を横断し、生駒山口神社を過ぎると平坦でのどか …

    地蔵石仏
    小仏の辻・地蔵石仏(矢田丘陵・白石畑)

    下の航空写真で鉄塔のある山が東山(328m)です。そこからすぐの場所に白石畑と平 …

    辻の地蔵
    吉新の石仏二題(生駒郡平群町)

    生駒郡平群町吉新とは旧字の吉田邑と新家邑が明治八年に合村してできたところです。そ …