生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

揺るぎ地蔵石仏群(平群町指定文化財)

   

清水の流れる鳴川には、たくさんの石造遺物が残されています。その代表的存在は、「ゆるぎ地蔵」さんでしょう。その迫力ある存在感は他を圧倒しています。


鳴川の流れは櫟原川となって、生駒川に注ぎます。

ゆるぎ地蔵さんは疎開中でした

お堂がない!
鳴川
2014.12.23撮影

2014年末に元山上千光寺に参詣した折、ゆるぎ地蔵尊の前を通りがかりました。ゆるぎ地蔵尊のお堂は解体されて改築中のため、お地蔵さんはどこかに疎開中だったようです。あれから半年以上たっていますので、そろそろ完成しているころでしょう。

鳴川の旧道から見下ろす(2013.10.22撮影)
旧道より
揺るぎ地蔵尊がはっきり見えます

鳴川の旧道(南斜面)から鳴川谷に下って来ると、途中で展望の開けた場所があって、そこからだと眼下に揺るぎ地蔵尊の屋形を確認できます。

揺るぎ地蔵尊(2013.10.22撮影)
揺るぎ地蔵

近くまで寄ってお目にかかると、それはもう「大迫力」です。見上げると頭部に石を載せた笠石仏であるとわかります。高さ2mは等身大を遥かに超える大きさで圧倒される要因の一つでしょう。

揺るぎ地蔵尊(頭上の笠石にも注目)
揺るぎ地蔵
堂々たる体躯の鎌倉仏

祈願すれば病気が直ちに揺るぐ(平癒する)ことから「揺るぎ地蔵」と呼ばれています。弘安四年の紀年が刻されていて、蒙古(モンゴル)襲来の年と重なります。国難到来の大変な時代に建立されたのが、揺るぎ地蔵さんなんですね。足元の損傷痕が気になりますが、屋形が新しくなったら必ずお参りしようと思っています。その際は、お地蔵さんの右側にあった十三仏板碑も忘れずに合掌しましょう。

参考文献
奈良県生駒郡平群町石造文化財 平群谷(平成三年)

[2013.10.22 撮影]

 - 平群・矢田丘陵 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

鑑石
長楽寺の石造仏(生駒郡平群町吉新)

藤出山・長楽寺は、ご本尊を聖観音立像とし、用明天皇二年(586)に聖徳太子により …

地蔵堂
北福貴の地蔵堂(生駒郡平群町福貴)

業平ロマンの道を追って中央公民館の北を左折して西へ向かうと、やがて旧字の北福貴村 …

久保東の辻
久保東の辻付近の石造遺物(平群町久安寺)

立石峠から久保西の石仏を見てまっすぐ東に進むと、左に分岐する道があり道標とカーブ …

地蔵
中央公民館前の石造物(生駒郡平群町福貴)

生駒川(竜田川)にかかる平群橋を横断すると正面に地蔵屋形があるのに気が付きます。 …

板碑
石福寺の石造遺物(生駒市萩の台)

正根山・石福寺は融通念仏宗のお寺で、本尊は石造地蔵菩薩立像。旧乙田村の菩提寺とし …

地蔵石仏
小仏の辻・地蔵石仏(矢田丘陵・白石畑)

下の航空写真で鉄塔のある山が東山(328m)です。そこからすぐの場所に白石畑と平 …

馬頭観音
安明寺叶堂・馬頭観音坐像(平群町三里)

お堂は火事で消失したものの、ご本尊の千手観音様は健在とのこと。叶堂は古くから疫病 …

首なし阿弥陀如来
生駒山口神社(生駒郡平群町櫟原)

生駒山口神社は江戸時代の地図には一之宮と記されています。素戔嗚尊を祀り、雨乞いの …

野仏
矢田寺近くの野仏(大和郡山市矢田町)

矢田丘陵の東麓、奈良市大和田町から大和郡山市矢田町の一帯には長閑な田園風景が広が …

峯腰痛地蔵尊
峯腰痛地蔵尊(生駒郡平群町櫟原)

以前紹介した「いちはら越」の古道は、櫟原上垣内(峯の垣内)から八尾市神立とを結び …