生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

龍華山弥勒寺の石造遺物(奈良市中町山ノ上)

   

暗越街道筋の集落である奈良市中町山ノ上(旧字名)の丘陵地に弥勒寺が建っています。寺名とは異なり本尊は阿弥陀仏とのこと。『大和の石仏』(創元社、清水俊明著)によれば、堂内に弥勒石仏が安置されているということでした。


弥勒寺裏山には八幡神社が祀られています。

弥勒石仏は拝観叶わず

弥勒寺山門
弥勒寺

残念ながらお目当ての弥勒石仏のご尊顔を拝することはできませんでした。奈良市石造遺物調査報告書・調書編(1989年)によれば、頭上に宝塔を浮彫りする室町期の作と記されています。『大和の石仏』では、かつてはこの石仏が弥勒寺の本尊であったと推測されています。

自然石彫込阿弥陀三尊像
三尊仏
桃山時代(紀年なし)

おにぎり型の自然石に深く彫り込まれた三尊像は、ひときわ目につく高い場所に置かれていました。

石仏、名号碑など
名号碑

境内の隅に古い石仏や名号碑が集められています。弥勒寺を訪問する途中の道で、偶然お会いできた阿弥陀さんをご紹介しましょう。

阿弥陀如来坐像(室町期)
阿弥陀如来坐像
調書に「中町 中山氏館辻」とありました。

現在は中町公民館の辻と言えばわかるでしょうか。Google Mapsのストリートビューでも確認できます。


参考文献
奈良市石造遺物調査報告書・調書編(1989年)

[2015.09.22 撮影]

 - 暗越街道 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日月碑
暗峠・天照山の日月碑

暗峠と髪切峠に挟まれて、お椀を伏せたような山が見えます。遠くから見てもよく分かる …

不動明王
観音寺の不動明王・暗越街道(大阪側)

大阪と奈良を結ぶ暗峠越の街道は伊勢街道としてもよく知られていて、街道沿いにたくさ …

観音像
安高大神の石仏(東大阪市東豊浦町)

暗峠から大阪側へ10分程下った地点に「安高大神」の看板が目につきます。草深い畑道 …