生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

無量寺の五輪塔(生駒市壱分町)

   

近鉄生駒線「一分駅」を下車。旧家の石垣を見ながら矢田丘陵へと歩を進めると、小高い丘陵地に建つ浄土真宗本願寺派の簾尾山(みすおざん)無量寺にたどり着きます。


ストビューが、あともう少しの地点で途切れている。残念!

石造美術としての五輪塔

山歩きを始めて、野にある石仏に興味を持つようになると、次は五輪塔や宝篋印塔にも関心を持つようになります。ウィキペディアで調べると五輪塔は日本発祥という説があるらしい。供養塔や墓塔として多数の五輪塔が遺されていますが、石工の名前や造立年を刻印したものは珍しい。

【続編】伊行氏関連石造遺物群(生駒市指定文化財)を見に行ってきた。

詳しくは本家サイトでレポート(?)していますので、そちらをご覧ください。当サイトでは、石仏ビギナーの方でも分かるような五輪塔のイロハをお伝えしたいと思います。

無量寺の境内
無量寺

五輪塔をよく見かけるのは、何といってもお墓ですね。生駒谷の古くからある墓地へ行けば、それこそゴロゴロ(失礼)転がっています。石仏に興味を持つようになっても、墓地へ行くのはイヤダという人も多いでしょう。実際、ふぁんトントもそうでしたしね。

無量寺の五輪塔の場所
無量寺
山門をくぐって右手の池、木の陰に隠れている。

そんな方に朗報です。五輪塔は墓地だけでなく、お寺の境内や参道などでも数多く見ることができます。無量寺の五輪塔は生駒市の指定文化財であり、製作に関わった石工が伊行氏であることまで判明しています。(嘉元二年1304)

路傍で見つけた五輪塔の残欠
五輪塔残欠

不思議なもので興味関心が深まってくると、今まで見えなかったモノが見えてくるようになります。実は、一分駅から無量寺へのルートで五輪塔の残欠を見かけました。草むらに隠れるように積み重なっていたのですが、手前の雑草を手で払いのけると、小さな五輪塔の地輪と水輪が残されていました。

無量寺・五輪塔(生駒市指定文化財)G+ Photos
五輪塔

五輪塔の各部名称は覚えましょう。これがスラスラ言えたら、あなたも立派な石造美術愛好家です。

下から順番に、

地輪(ちりん)、水輪(すいりん)、火輪(かりん)、風輪(ふうりん)、空輪(くうりん)

地輪、水輪、火輪は形が分かりやすい。地輪は土台の四角形(立方体)、水輪は円形(球体)で火輪は屋根のような形です。その上の風輪と空輪は欠損している場合が多く、無量寺の五輪塔でも空輪は見当たりません。尤も、地輪部のみが当初のもので、水輪から上は別モノを重ねているようです。よく見ると地輪と水輪のバランスが微妙に違っています。
文献資料によると、「燈明岳の麓の田に転落しているのをここに移した」と紹介されています。燈明岳とは四等三角点・大門が設置されている山のことだと思われます。

参考文献
生駒市 石造文化財「生駒谷」(昭和五十二年)

[2015.05.23 撮影]

 - 生駒山 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

髪切地蔵
髪切地蔵の小祠(東大阪市東豊浦町)

髪切山(こぎりやま)・慈光寺から西へ下り、養魚池のある四辻の北西に髪切地蔵の屋形 …

十三重石塔
三昧尾・十三重石塔(興法寺)

興法寺から南へ谷筋を一つ隔てた尾根筋を三昧尾とよび、尾根上に古い墓地があって供養 …

薬師坐像
谷田の枯木薬師(生駒市北新町)

前回に続いて生駒三大薬師の一つ、「谷田の枯木薬師」をご紹介します。谷田は旧字名で …

薬師如来坐像
奥菜畑薬師堂(生駒市西菜畑)

生駒三大薬師の一つ、奥菜畑薬師堂をご紹介します。所在地から西菜畑薬師堂と紹介する …

中倉さん
水の神・中倉さん(生駒市俵口町)

前回紹介した朝日地蔵から信貴生駒スカイラインを横断すると、よく踏まれた山道がぽっ …

西松ヶ丘磨崖仏
モチ川の杜(西松ヶ丘磨崖仏)

モチ川の杜(モリ)は「生駒の七森」の一つとされる場所。生駒中学校西北隅にほんの一 …

梵字
行円銘の梵字岩(生駒市鬼取町)

鬼取町の四つ辻から生駒山中への山道を登って行くと、山上近くの谷に峰薬師の寺院跡( …

津之元地蔵尊
津之元地蔵尊(東大阪市善根寺町)

善根寺町のバス停を降りると東高野街道に面して春日神社の灯籠が立っています。ここか …

十三仏
谷田西墓地の十三仏板碑(生駒市元町)

生駒山系の旧墓は小丘の頂上部に設置されていることが多い。谷田西墓地もその一つで、 …

寛保地蔵
鷲尾山・興法寺の石仏(東大阪市上石切町)

辻子谷ハイキングコースを生駒山上目指して登って行くと、標高約400mの山腹で興法 …