生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

南垣内東入口の石造遺物(平群町久安寺)

      2015/09/28

久安寺南垣内(現在の平群町久安寺2100番付近)の東入口付近は、七倉を経て信貴山奥ノ院(信貴畑)に通じる旧道が通じていました。付近にある石造遺物のいくつかを紹介しましょう。


久安寺案内板の向かいに阿弥陀さんが祀られています。

南垣内の標高は約350mある。

船形阿弥陀座像
船形阿弥陀座像(「南逆修講中」と刻む)

阿弥陀さんの後方に生駒山の景色が広がっていて壮観です。つい手を合わせるのを忘れて見入ってしまいます。文献資料によると涎掛けの下で合掌されているようです。

旧道であったことを示す自然石の道標
道標
後方にコンクリート製の覆い屋がある。

阿弥陀さんの向かいにある案内板の地図で場所を確認しながら、東の方向へ進んでいきますと、十一面観音さんを祀った覆い屋が見えてきます。

船型十一面観音立像
船型十一面観音立像
久安寺周辺ではコンクリート製の屋形が多くみられます。

屋根は辛うじて木製なんですが、周囲はコンクリートブロックを積み上げていることが一見してわかります。木の屋形より丈夫で長持ちでしょうけど、なんとなく風情がよくないですね。

道しるべを兼ねた十一面観音さんです。
船型十一面観音立像

観音さんの右肩から、「左米尾山」と刻んでいます。米尾山とは焼米が出土することで知られる信貴山奥ノ院のことですね。

蓮台にも注目
蓮台

蓮台の下に六角形の台座があり、そこにも銘が刻されています。供花でよく見えませんが、「法界」「明和六年己」などが読み取れました。文献資料によると、他に「施主 三平」とあるようです。

船型十一面観音立像の横顔
船型十一面観音立像

少し横から近づき、よくよく見ると、光背部分に損傷痕のようなものが走っています。道しるべだとすれば、かつては野ざらしだったのでしょうか。

船型十一面観音立像の正面
船型十一面観音立像

正面から見るとそっと目を閉じた細面の観音さんに安らぎを感じました。この日は35度を超す猛暑日。コンクリートの覆いからヒンヤリした空気が頬に伝わりました。観音さんのご慈悲に感謝して次へまいりましょう。

参考文献
奈良県生駒郡平群町石造文化財 平群谷(平成三年)

[2015.07.20 撮影]

 - 平群・矢田丘陵 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

墓地
櫟原墓地の十三仏板碑(生駒郡平群町櫟原)

河内越の山道(林道)と広域農道(フラワーロード)は、とゆかわ橋で立体交差します。 …

馬頭観音
安明寺叶堂・馬頭観音坐像(平群町三里)

お堂は火事で消失したものの、ご本尊の千手観音様は健在とのこと。叶堂は古くから疫病 …

専念寺
専念寺の石造遺物(平群町久安寺)

通法山専念寺(融通念仏宗)は久安寺の旧字南垣内にあり、境内に特筆すべき石造遺物が …

地蔵
中央公民館前の石造物(生駒郡平群町福貴)

生駒川(竜田川)にかかる平群橋を横断すると正面に地蔵屋形があるのに気が付きます。 …

揺るぎ地蔵
揺るぎ地蔵石仏群(平群町指定文化財)

清水の流れる鳴川には、たくさんの石造遺物が残されています。その代表的存在は、「ゆ …

久保東の辻
久保東の辻付近の石造遺物(平群町久安寺)

立石峠から久保西の石仏を見てまっすぐ東に進むと、左に分岐する道があり道標とカーブ …

鑑石
長楽寺の石造仏(生駒郡平群町吉新)

藤出山・長楽寺は、ご本尊を聖観音立像とし、用明天皇二年(586)に聖徳太子により …

地蔵石仏
小仏の辻・地蔵石仏(矢田丘陵・白石畑)

下の航空写真で鉄塔のある山が東山(328m)です。そこからすぐの場所に白石畑と平 …

板碑
石福寺の石造遺物(生駒市萩の台)

正根山・石福寺は融通念仏宗のお寺で、本尊は石造地蔵菩薩立像。旧乙田村の菩提寺とし …

西庄墓地の石仏(平群町福貴畑)

大阪側から十三峠を水呑自動車道で越えると、大きくS字にカーブする手前に西庄の墓地 …