生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

三昧尾・十三重石塔(興法寺)

   

興法寺から南へ谷筋を一つ隔てた尾根筋を三昧尾とよび、尾根上に古い墓地があって供養の石塔が並んでいます。一般向けによく整備された辻子谷ハイキングコースに分岐の石標が立っているので、ちょっと立ち寄ってみましょう。

三昧尾

三昧尾山への分岐|石碑が道標


ハイキング道はかつての宝山寺参詣道

生駒の古道「辻子谷越でハイキング(大阪側)」

詳しくは上記の記事を参考になさってください。分岐から20分ほど手すりのついた山道を登ると三昧尾の墓地に到着します。

十三重石塔と説明書きの石碑など
十三重石塔

三昧とは「さんまい」と読み、墓地を意味する仏教用語のようです。周辺は陶製の蔵骨器などが出土する遺跡となっており、三昧尾山遺跡と呼称しています。

右手の石碑です。名号碑のようですね。
名号碑

石塔の脇にも「良弁大僧正墓所」と刻んだ新しい石標が立っていますが、東大寺の良弁僧正の墓ではなくて、僧良弁が願主となって造立した供養塔です。

左手の石碑は由緒書きがありました。
由緒書

自然石に小さな字で彫り込んであるのでよく読めません。若干風化も進んでいます。

十三重石塔 塔高4.98m、永仁七年(1299)
十三重石塔

昭和四九年に東大阪市文化財(建造物)に指定されました。左の石碑はその時のものでしょう。枚岡市史によると十三重石塔の基礎石には「大工平吉国」と石工の銘があるとのこと。石工の銘が彫り込まれているのは全国的に見ても稀有な例だそうです。何度か訪問していますが、基礎石の銘文に気が付きませんでした。次回訪問時は忘れず確認することにいたしましょう。

[2009.04.16 訪問]

 - 生駒山 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

薬師坐像
谷田の枯木薬師(生駒市北新町)

前回に続いて生駒三大薬師の一つ、「谷田の枯木薬師」をご紹介します。谷田は旧字名で …

地蔵
十三峠の地蔵石仏(八尾市神立)

十三峠(じゅうさんとうげ)は、八尾市神立と平群町福貴畑との境界線上にある峠。標高 …

十三仏
谷田西墓地の十三仏板碑(生駒市元町)

生駒山系の旧墓は小丘の頂上部に設置されていることが多い。谷田西墓地もその一つで、 …

東高野街道
弘法大師のお堂(東高野街道・東大阪市喜里川町)

山歩きの起点、近鉄瓢箪山駅から北へ商店街のアーケードを歩くと東高野街道と出合いま …

朝日地蔵
朝日地蔵(生駒市門前町)

宝山寺参詣道の一つとされ、昭和五十四年に生駒山麓ハイキングコースBとして復元整備 …

峠地蔵
古堤街道の峠地蔵(生駒市俵口町)

古堤街道は古来、大阪と奈良を結ぶ主要な街道筋として利用されてきました。交通機関の …

津之元地蔵尊
津之元地蔵尊(東大阪市善根寺町)

善根寺町のバス停を降りると東高野街道に面して春日神社の灯籠が立っています。ここか …

寛保地蔵
鷲尾山・興法寺の石仏(東大阪市上石切町)

辻子谷ハイキングコースを生駒山上目指して登って行くと、標高約400mの山腹で興法 …

梵字
行円銘の梵字岩(生駒市鬼取町)

鬼取町の四つ辻から生駒山中への山道を登って行くと、山上近くの谷に峰薬師の寺院跡( …

五輪塔
無量寺の五輪塔(生駒市壱分町)

近鉄生駒線「一分駅」を下車。旧家の石垣を見ながら矢田丘陵へと歩を進めると、小高い …