生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

三昧尾・十三重石塔(興法寺)

   

興法寺から南へ谷筋を一つ隔てた尾根筋を三昧尾とよび、尾根上に古い墓地があって供養の石塔が並んでいます。一般向けによく整備された辻子谷ハイキングコースに分岐の石標が立っているので、ちょっと立ち寄ってみましょう。

三昧尾

三昧尾山への分岐|石碑が道標


ハイキング道はかつての宝山寺参詣道

http://juantonto.wpblog.jp/ikomakodo-zushidanikoe/

生駒の古道「辻子谷越でハイキング(大阪側)」

詳しくは上記の記事を参考になさってください。分岐から20分ほど手すりのついた山道を登ると三昧尾の墓地に到着します。

十三重石塔と説明書きの石碑など
十三重石塔

三昧とは「さんまい」と読み、墓地を意味する仏教用語のようです。周辺は陶製の蔵骨器などが出土する遺跡となっており、三昧尾山遺跡と呼称しています。

右手の石碑です。名号碑のようですね。
名号碑

石塔の脇にも「良弁大僧正墓所」と刻んだ新しい石標が立っていますが、東大寺の良弁僧正の墓ではなくて、僧良弁が願主となって造立した供養塔です。

左手の石碑は由緒書きがありました。
由緒書

自然石に小さな字で彫り込んであるのでよく読めません。若干風化も進んでいます。

十三重石塔 塔高4.98m、永仁七年(1299)
十三重石塔

昭和四九年に東大阪市文化財(建造物)に指定されました。左の石碑はその時のものでしょう。枚岡市史によると十三重石塔の基礎石には「大工平吉国」と石工の銘があるとのこと。石工の銘が彫り込まれているのは全国的に見ても稀有な例だそうです。何度か訪問していますが、基礎石の銘文に気が付きませんでした。次回訪問時は忘れず確認することにいたしましょう。

[2009.04.16 訪問]

 - 生駒山 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

寛保地蔵
鷲尾山・興法寺の石仏(東大阪市上石切町)

辻子谷ハイキングコースを生駒山上目指して登って行くと、標高約400mの山腹で興法 …

髪切地蔵
髪切地蔵の小祠(東大阪市東豊浦町)

髪切山(こぎりやま)・慈光寺から西へ下り、養魚池のある四辻の北西に髪切地蔵の屋形 …

薬師坐像
谷田の枯木薬師(生駒市北新町)

前回に続いて生駒三大薬師の一つ、「谷田の枯木薬師」をご紹介します。谷田は旧字名で …

鳴川峠
鳴川峠の地蔵石仏

鳴川峠は東大阪市四条町と元山上千光寺を結ぶ参詣道として古くから利用されてきました …

薬師如来坐像
奥菜畑薬師堂(生駒市西菜畑)

生駒三大薬師の一つ、奥菜畑薬師堂をご紹介します。所在地から西菜畑薬師堂と紹介する …

西松ヶ丘磨崖仏
モチ川の杜(西松ヶ丘磨崖仏)

モチ川の杜(モリ)は「生駒の七森」の一つとされる場所。生駒中学校西北隅にほんの一 …

身替地蔵
菜畑身替地蔵(生駒市東菜畑一丁目)

近鉄生駒線・菜畑駅で下車して、東へ100m程歩くと県道168号との交差点北側に、 …

うつぶせ地蔵
峰の薬師「うつぶせ地蔵」(十三仏種子板碑)

旧鶴林寺跡地の八大龍王の滝(薬師の滝)付近から暗峠へ通じる古道があり、現在のよう …

出雲井地蔵尊
出雲井地蔵尊(東大阪市出雲井町)

摂河泉ハイキングコースを利用して枚岡神社に参詣した折には、たいてい神社に参拝後は …

峠地蔵
古堤街道の峠地蔵(生駒市俵口町)

古堤街道は古来、大阪と奈良を結ぶ主要な街道筋として利用されてきました。交通機関の …