生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

河内越自然石の道しるべ(八尾市神立)

   

大阪と奈良を結ぶ峠越えの街道のうち、河内越は八尾市神立と平群町檪原を結ぶ利用者の多い生活道路でした。


ルートラボは、Internet Explorerで閲覧してください。

廃れてしまった河内越(大阪側)

街道の名称というのは目的地を使用することが一般的です。したがって、河内越も大阪側からは「檪原越」と呼ばれていました。水呑地蔵尊への参道から分岐する檪原越(河内越)は、新道の車道や信貴生駒スカイラインによって寸断されすっかり廃れてしまいました。

水呑地蔵院参道との分岐
河内越分岐
右の倒れた道標は水呑地蔵院への参道を示す。

分岐は溜池のほとりにあって、檪原越の分岐道は池の周囲に沿って進み、堰堤の手前で沢を渡ります。かつては池周囲が猛烈なヤブ地帯でした。しかし、本来は櫟原越(河内越)が本道で、水呑さんへの参道が分岐道だったはず。いつの間にか立場が逆転しました。

2014.04.10撮影の道標
道しるべ
上の写真を撮影した際に池周囲を偵察した所、ヤブが程よく刈られていました。コレは歩けるかもしれないと思い、チャレンジしたのが冒頭のルートラボです。檪原美の谷には美しい風景といにしえの石仏に出会える場所です。

2015年の春に再チャレンジしました。

2015.03.12撮影の道標
かわちごえ
いつの間にか道標が一つ増えていました。古い道標には「左 いちはら村、右 たつた」とあります。新しいモノには、「かわちごえ 左」とある。感心しませんねぇ。「いちはらごえ」ならまだしも、一年経ってみて道の状況は少し悪化しています。

2015.07.20撮影の道標
道しるべ
あれから半年たってさらに道標が増えていました。今度は「十三峠」ですか。。。道標もいいけど、肝心の道の整備はできているでしょうか?自分のような古道マニアなら、自己責任でヤブでもガケでも突入しますが、一般のハイカーが土管に足をかけて溝を跨いだり、崩落地をすり抜けたりしますかね。ケガをするだけで済む話ならいいんですがね。


勇者はこの動画を見てから挑戦してください。

[2015.03.12 撮影]

 - 恩智・山畑・水越 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

迎え地蔵
立石越・迎え地蔵の辻(八尾市服部川)

近鉄信貴線が南に90度カーブする先に服部川駅があります。駅前から神社やお寺を横目 …

大竹観音堂
大竹観音堂(八尾市大竹)

八尾市の東部(北は楽音寺から南は恩智)のエリアは古い伝承がたくさん残された地域で …

結縁地蔵堂
結縁地蔵堂(立石越ハイキングコース)

立石越ハイキングコースは近鉄服部川駅から高安山・信貴山への手軽なハイキングルート …

DSCF3832
八尾市楽音寺の薬師石仏

心合寺(しおんじ)山古墳の北、東大阪市と八尾市の境界線に近い八尾市楽音寺の細い道 …

子安地蔵
子安地蔵尊(八尾市郡川)

八尾市郡川の子安地蔵尊は、曹洞宗・法蔵寺への参詣道入り口に位置しており、その先は …

説明書き
薗光寺・十三仏(八尾市水越)

生駒山系には多くの十三仏遺品が残されています。それらほとんどは平群谷や生駒谷など …