生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

髪切山慈光寺・別石十三仏

   

髪切と書いて「こ(う)ぎり」と読みます。紅葉で有名な慈光寺さんの山号で、役行者が二鬼を退治してその髪を切ったという伝説が起源と考えられています。


ぬかた園地となるかわ園地の境目

阿弥陀さんだけ造立年が異なる十三仏?

ちょっと離れた場所にひっそりと別石十三仏
入り口
府民の森管理道に面しています。

慈光寺の墓地から府民の森管理道をぬかた園地方向に進むと入り口に案内板があります。夏場はちょっとジメジメして近寄りがたいですが、ここは「こばか(焼香場)」と呼ばれる場所だそうです。

中央は阿弥陀如来
阿弥陀如来
この阿弥陀さんは江戸時代の作と考えられています。

江戸期の阿弥陀如来を中心にして、両側に六体ずつの石仏が立っています。ちょっと変わった型式の十三仏です。

右手側の六体
右

左手側の六体
左

阿弥陀如来像以外は天正年間(桃山時代)の頃に造作されたと考えられており、慈光寺境内には同じ頃に作られたと考えられる一石彫の十三仏板碑が祀られています。

別石十三仏の全体
全体
ちょっとした広場のような感じです。

慈光寺の墓地と焼香場は元々ひとつづきの場所だったと考えられます。管理道によって分断されたために、焼香場(別石十三仏)が隔絶されてしまったのでしょう。いろいろと事情が有るようですが、天正銘の大日如来像が境内に移されているとのことでした。もみじ狩りで慈光寺を訪れる際は、必ず立ち寄りたいと思います。また興味のある方は、別石十三仏のナゾの解明にチャレンジなさってください。

[2014.03.09 撮影]

 - 生駒山 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

髪切地蔵
髪切地蔵の小祠(東大阪市東豊浦町)

髪切山(こぎりやま)・慈光寺から西へ下り、養魚池のある四辻の北西に髪切地蔵の屋形 …

峠地蔵
古堤街道の峠地蔵(生駒市俵口町)

古堤街道は古来、大阪と奈良を結ぶ主要な街道筋として利用されてきました。交通機関の …

うつぶせ地蔵
峰の薬師「うつぶせ地蔵」(十三仏種子板碑)

旧鶴林寺跡地の八大龍王の滝(薬師の滝)付近から暗峠へ通じる古道があり、現在のよう …

安政薬師丸坐像
生駒三大薬師・峰の薬師(生駒市鬼取町)

生駒三大薬師のトリを務める峰の薬師は、生駒石仏界の大物で超有名人です。ここを見逃 …

東高野街道
弘法大師のお堂(東高野街道・東大阪市喜里川町)

山歩きの起点、近鉄瓢箪山駅から北へ商店街のアーケードを歩くと東高野街道と出合いま …

十三重石塔
三昧尾・十三重石塔(興法寺)

興法寺から南へ谷筋を一つ隔てた尾根筋を三昧尾とよび、尾根上に古い墓地があって供養 …

西松ヶ丘磨崖仏
モチ川の杜(西松ヶ丘磨崖仏)

モチ川の杜(モリ)は「生駒の七森」の一つとされる場所。生駒中学校西北隅にほんの一 …

寛保地蔵
鷲尾山・興法寺の石仏(東大阪市上石切町)

辻子谷ハイキングコースを生駒山上目指して登って行くと、標高約400mの山腹で興法 …

金法寺境内
金法寺の石造遺物(生駒市山崎町)

生駒市山崎町(古堤街道沿い)に建つ金法寺は、弓削王が落飾後に金峰法師を名乗り開基 …

津之元地蔵尊
津之元地蔵尊(東大阪市善根寺町)

善根寺町のバス停を降りると東高野街道に面して春日神社の灯籠が立っています。ここか …