生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

峰の薬師「うつぶせ地蔵」(十三仏種子板碑)

      2016/01/05

旧鶴林寺跡地の八大龍王の滝(薬師の滝)付近から暗峠へ通じる古道があり、現在のように車道が整備される以前は、宝山寺参詣道の一つとして多くの旅人が利用していました。

枯れてしまった八大龍王の滝(薬師の滝)付近の分岐
薬師の滝

通称「うつぶせ地蔵」その実体は如何に?

十三仏種字板碑
十三仏種子板碑
どう見てもお地蔵さんに見えませんが、さりとてこれが何かもわからない。

昔の人はなんでもかんでも「地蔵」と呼んでしまいます。もっとも、すべての石仏で正しく言い当てることは難しい。石仏や板碑まで「地蔵」で済ましてしまう気持ちも理解できます。

こまけぇこたぁいいんだよ!!
AA
こんな感じでしょうか。(失礼しました)

十三仏板碑とは供養碑の一種で、初七日から三十三回忌までの十三回の供養を生前に供養することで、「逆修供養」と呼ばれています。自分の死後に十三回の供養を三十三年もかけて確実に行われるでしょうか。その保証が心もとない人は、生前に供養しておこうと考えるのは当然です。今の時代こそ逆修供養が必要だと思うですがいかがでしょう?死んでまで残された者に負担をかけたくありません。

ちょっと斜めから
うつぶせ地蔵
確かに山型部分が傾いでいる。

うつぶせ地蔵と呼ばれる理由は、山型部分がちょっと傾いた造りになっているからでしょうか。十三仏の供養碑には各尊を種子で表すものと像容で表現するものと二通りあります。うつぶせ地蔵は種子で表す山型板碑で古い形式です。文献によると生駒市内には二十一基の十三仏が確認されており、その中でも永正七年の紀年銘を刻している「うつぶせ地蔵」は、生駒市内最古の十三仏供養碑とのことです。

暗峠宝山寺参道
古道
古道の雰囲気を一部に残す。

うつぶせ地蔵さんへの道は廃道となった古道の途中にあります。入口付近が不明瞭ですがなんとかたどり着けるでしょう。その先に興味がある方は次のブログを見て自己の責任においてチャレンジなされてください。

http://juantonto.wpblog.jp/ikomakodo-kuragaritoge/

幻の古道を歩く「暗峠・宝山寺道」 | ふぁんトントのブログ

参考文献
生駒市石造遺物調査報告書(生駒市教育委員会 平成8年)

[2013.09.09 撮影]

 - 生駒山 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

朝日地蔵
朝日地蔵(生駒市門前町)

宝山寺参詣道の一つとされ、昭和五十四年に生駒山麓ハイキングコースBとして復元整備 …

観音巡礼
仏國山・阿弥陀寺の石造遺物(生駒市俵口町)

阪奈道路のガード下を北へ抜けると、立派な石垣にそびえる阿弥陀寺が見えてきます。山 …

髪切地蔵
髪切地蔵の小祠(東大阪市東豊浦町)

髪切山(こぎりやま)・慈光寺から西へ下り、養魚池のある四辻の北西に髪切地蔵の屋形 …

梵字
行円銘の梵字岩(生駒市鬼取町)

鬼取町の四つ辻から生駒山中への山道を登って行くと、山上近くの谷に峰薬師の寺院跡( …

西松ヶ丘磨崖仏
モチ川の杜(西松ヶ丘磨崖仏)

モチ川の杜(モリ)は「生駒の七森」の一つとされる場所。生駒中学校西北隅にほんの一 …

津之元地蔵尊
津之元地蔵尊(東大阪市善根寺町)

善根寺町のバス停を降りると東高野街道に面して春日神社の灯籠が立っています。ここか …

地蔵立像
鬼取墓地の石造遺物(生駒市鬼取町)

鶴林寺前の市道を横切ってまっすぐ東に下っていくと、小高い丘の上にある鬼取墓地の参 …

薬師如来坐像
奥菜畑薬師堂(生駒市西菜畑)

生駒三大薬師の一つ、奥菜畑薬師堂をご紹介します。所在地から西菜畑薬師堂と紹介する …

阿弥陀如来
髪切山慈光寺・別石十三仏

髪切と書いて「こ(う)ぎり」と読みます。紅葉で有名な慈光寺さんの山号で、役行者が …

五輪塔
無量寺の五輪塔(生駒市壱分町)

近鉄生駒線「一分駅」を下車。旧家の石垣を見ながら矢田丘陵へと歩を進めると、小高い …