生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

鬼取墓地の石造遺物(生駒市鬼取町)

   

鶴林寺前の市道を横切ってまっすぐ東に下っていくと、小高い丘の上にある鬼取墓地の参道入り口が見えてきます。墓地内にはズラリと古い石造遺物が並んでいます。


左手の小道を進むと鬼取墓地の入口に着く。

石造美術を勉強する上で墓地見学は避けて通れない。

どんなに明るい日中でも、一人で墓地をウロウロするのは気が引けます。誰もいないのに「ヒソヒソ」と話し声が聞こえたような気がしたり、木の陰に人の気配を感じたり。。。

お迎え地蔵(地蔵立像)
地蔵立像
そんなに首を長くして待たなくてもいいのに。

文献資料によると紀年は不明ながら優れた作であるとのこと。墓地入口では必ずお地蔵さんが出迎えて頂けます。迎え地蔵と六地蔵は墓地には欠かせないキャラクター。覚えておきましょう。

五輪塔板碑など
五輪塔板碑

ここ鬼取墓地には多数の五輪塔板碑や宝篋印塔板碑が残されています。上の写真で双五輪板碑(前列右端)と二尊仏五輪塔板碑(後列左)が分かるでしょうか。一部の板碑には紀年が刻されているようです。(残念ながら読み取れるほどの眼力が養われていませんでした)

宝篋印塔板碑(右)と三尊種子板碑(左)
宝篋印塔板碑

文献資料によると宝篋印塔板碑には文禄五年の銘が刻されているようです。(未確認)、左の三尊板碑は、上に阿弥陀、向かって右に観音、左に勢至の各種子を薬研彫で深く刻むもので、形式が古く珍しいとのこと。

十三仏種子板碑
十三仏種子板碑

残念ながら、これにも紀年銘はありませんが、しっかりとした二条線の山型は古い形式です。

一石五輪塔
一石五輪塔

小さな五輪塔です。一石から切り出した五輪塔は、今のところここ以外で見たことがありません。小さくても五輪塔の形式(地輪・水輪・火輪・風輪・空輪)はしっかり踏襲されています。

多数の遺物群
石造遺物

さて、これだけズラリと並んだ石造遺物の中から、文献資料に紹介されたモノを特定できるようになるには、墓地に足しげく通うしかありませんよ。慣れてくると、入口で帽子を取って「こんにちわ」とお辞儀をすると、誰かがポンと肩を叩いて「熱心やな」と声をかけてくれる(ような気がします)。ホンマかいな。

参考文献
生駒市 石造文化財「生駒谷」(昭和五十二年)

[2014.07.30 撮影]

 - 生駒山 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

薬師坐像
谷田の枯木薬師(生駒市北新町)

前回に続いて生駒三大薬師の一つ、「谷田の枯木薬師」をご紹介します。谷田は旧字名で …

観音巡礼
仏國山・阿弥陀寺の石造遺物(生駒市俵口町)

阪奈道路のガード下を北へ抜けると、立派な石垣にそびえる阿弥陀寺が見えてきます。山 …

五輪塔
無量寺の五輪塔(生駒市壱分町)

近鉄生駒線「一分駅」を下車。旧家の石垣を見ながら矢田丘陵へと歩を進めると、小高い …

峠地蔵
古堤街道の峠地蔵(生駒市俵口町)

古堤街道は古来、大阪と奈良を結ぶ主要な街道筋として利用されてきました。交通機関の …

出雲井地蔵尊
出雲井地蔵尊(東大阪市出雲井町)

摂河泉ハイキングコースを利用して枚岡神社に参詣した折には、たいてい神社に参拝後は …

地蔵
十三峠の地蔵石仏(八尾市神立)

十三峠(じゅうさんとうげ)は、八尾市神立と平群町福貴畑との境界線上にある峠。標高 …

鳴川峠
鳴川峠の地蔵石仏

鳴川峠は東大阪市四条町と元山上千光寺を結ぶ参詣道として古くから利用されてきました …

朝日地蔵
朝日地蔵(生駒市門前町)

宝山寺参詣道の一つとされ、昭和五十四年に生駒山麓ハイキングコースBとして復元整備 …

梵字
行円銘の梵字岩(生駒市鬼取町)

鬼取町の四つ辻から生駒山中への山道を登って行くと、山上近くの谷に峰薬師の寺院跡( …

西松ヶ丘磨崖仏
モチ川の杜(西松ヶ丘磨崖仏)

モチ川の杜(モリ)は「生駒の七森」の一つとされる場所。生駒中学校西北隅にほんの一 …