生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

鳴川峠の地蔵石仏

      2016/07/26

鳴川峠は東大阪市四条町と元山上千光寺を結ぶ参詣道として古くから利用されてきました。峠付近をくねくねと曲折する信貴生駒スカイラインがすぐ側を通過します。そして南北の尾根道とトンネルで立体交差する地点にひっそりと地蔵石仏が祀られています。


鳴川峠はスカイラインに近接し、トンネルが道路下を通過する。

首切り地蔵の悲しい歴史はいかに

首の亀裂が痛々しい
鳴川峠
地蔵石仏

ペットボトルのお水や供花が絶えないことから、今も大事にされているお地蔵さんです。首の損傷は明治の廃仏棄釈によるものでしょうか、それとも道路工事の影響でこうなったのか。詳しい経緯は分かりません。

ちょっと斜めから
地蔵石仏
彫りの深い船型地蔵立像

お顔は風化により表情を見て取ることはできません。しかし、その像容からは立派な地蔵石仏だったに違いなく、古い時代のものでしょう。(室町時代後期の作と推測されています)

鳴川参道分岐
道標
古い石標

峠からしばらく稜線上を千光寺目指して歩いて行くと古い石道標の分岐に着きます。道標には梵字と鳴川と刻された左右に「左 行者ミち 右 さいみち」とあります。左は元山上の行場巡りコースで、千光寺へと続いています。右の「さいみち」とは在所道(里道)のことで、現在は鉄塔巡視路として使われています。中央の谷道が千光寺へのハイキングルートとして一般的によく利用されています。

参考ルート

「みんなの軌跡」を活用してヤブ漕ぎ!生駒山口神社~鳴川渓ハイキングコース | 生駒山・神津嶽・大原山 |YAMAP 山登り・アウトドアの新定番

行者ミちは途中で分岐が多く、慣れないとちょっと分かり難いですが、自然の樹木が陽を遮る涼しい尾根道が続いています。西の覗き岩や千光寺裏行場の大岩でキモを冷やせばさらに涼しいことになるかもしれません。ただし、冷たくなってあの世の扉を開かぬよう注意なされてください。

[2013.10.13 撮影]

 - 生駒山 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

うつぶせ地蔵
峰の薬師「うつぶせ地蔵」(十三仏種子板碑)

旧鶴林寺跡地の八大龍王の滝(薬師の滝)付近から暗峠へ通じる古道があり、現在のよう …

髪切地蔵
髪切地蔵の小祠(東大阪市東豊浦町)

髪切山(こぎりやま)・慈光寺から西へ下り、養魚池のある四辻の北西に髪切地蔵の屋形 …

寛保地蔵
鷲尾山・興法寺の石仏(東大阪市上石切町)

辻子谷ハイキングコースを生駒山上目指して登って行くと、標高約400mの山腹で興法 …

中倉さん
水の神・中倉さん(生駒市俵口町)

前回紹介した朝日地蔵から信貴生駒スカイラインを横断すると、よく踏まれた山道がぽっ …

津之元地蔵尊
津之元地蔵尊(東大阪市善根寺町)

善根寺町のバス停を降りると東高野街道に面して春日神社の灯籠が立っています。ここか …

十三重石塔
三昧尾・十三重石塔(興法寺)

興法寺から南へ谷筋を一つ隔てた尾根筋を三昧尾とよび、尾根上に古い墓地があって供養 …

身替地蔵
菜畑身替地蔵(生駒市東菜畑一丁目)

近鉄生駒線・菜畑駅で下車して、東へ100m程歩くと県道168号との交差点北側に、 …

西松ヶ丘磨崖仏
モチ川の杜(西松ヶ丘磨崖仏)

モチ川の杜(モリ)は「生駒の七森」の一つとされる場所。生駒中学校西北隅にほんの一 …

阿弥陀如来
髪切山慈光寺・別石十三仏

髪切と書いて「こ(う)ぎり」と読みます。紅葉で有名な慈光寺さんの山号で、役行者が …

観音巡礼
仏國山・阿弥陀寺の石造遺物(生駒市俵口町)

阪奈道路のガード下を北へ抜けると、立派な石垣にそびえる阿弥陀寺が見えてきます。山 …