生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

水の神・中倉さん(生駒市俵口町)

   

前回紹介した朝日地蔵から信貴生駒スカイラインを横断すると、よく踏まれた山道がぽっかりと口を開けています。途中からは近鉄の鉄塔巡視路と合流し生駒北峰まで続きます。途中の山腹に清水の湧き出す場所があり、古来、生駒川の源水「中倉さん」として信仰されてきました。


生駒市俵口町の西南端にある。

朝日地蔵から中倉さんへ

崖の上は朝日地蔵
朝日地蔵
信貴生駒スカイラインを横断します。

車道が作られる前は、小高い丘の上に朝日地蔵が立っておられたのでしょう。今は分断されています。車に注意して横断すると、立派な道が続いています。

倒木を越えて進みます。
山道

浅い谷底に架かる木橋をわたると「水の神・中倉さん」と書かれた石柱と平成六年に設置された「生駒川源水」の石碑が目につきます。

中倉さん(命名の由来は不明)
中倉さん
生駒市俵口町の方々が生駒川源水として大切にされている場所

地図で確認すると、この真下を近鉄奈良線のトンネルが通過しています。それが原因かは定かではありませんが、越えてきた川床は完全に干上がっています。第二阪奈有料道路のトンネルが通過する薬師の滝においても、滝水は枯れていました。生駒川源水はどうでしょうか。周囲の様子から水が湧き出すような雰囲気ではありません。しかし、程なくして「チョロチョロ」という水音がかすかに聞こえてくるような感じがしたのです。

源水のご神体(?)
ご神体
小石の周囲の木の根元から水が湧き出していた!

幻聴じゃないかと自分の耳を疑いながら周囲を探っていると、確かに水が湧き出すポイントを見つけました。驚きです。木の根元付近から水が染み出すように流れています。しかし、その流れはすぐに染みこんで大きな流れを作ることはありません。

この一滴が生駒川の始まりで、人々の生活を支えてきた「命の水」ということでしょう。源水の奏でる心地よいサウンドがいつまでも耳に残る不思議スポット「中倉さん」、朝日地蔵参詣の際は、忘れずに訪問しようと思います。

[2014.03.09 撮影]

 - 生駒山 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

うつぶせ地蔵
峰の薬師「うつぶせ地蔵」(十三仏種子板碑)

旧鶴林寺跡地の八大龍王の滝(薬師の滝)付近から暗峠へ通じる古道があり、現在のよう …

東高野街道
弘法大師のお堂(東高野街道・東大阪市喜里川町)

山歩きの起点、近鉄瓢箪山駅から北へ商店街のアーケードを歩くと東高野街道と出合いま …

出雲井地蔵尊
出雲井地蔵尊(東大阪市出雲井町)

摂河泉ハイキングコースを利用して枚岡神社に参詣した折には、たいてい神社に参拝後は …

髪切地蔵
髪切地蔵の小祠(東大阪市東豊浦町)

髪切山(こぎりやま)・慈光寺から西へ下り、養魚池のある四辻の北西に髪切地蔵の屋形 …

五輪塔
無量寺の五輪塔(生駒市壱分町)

近鉄生駒線「一分駅」を下車。旧家の石垣を見ながら矢田丘陵へと歩を進めると、小高い …

阿弥陀如来
髪切山慈光寺・別石十三仏

髪切と書いて「こ(う)ぎり」と読みます。紅葉で有名な慈光寺さんの山号で、役行者が …

金法寺境内
金法寺の石造遺物(生駒市山崎町)

生駒市山崎町(古堤街道沿い)に建つ金法寺は、弓削王が落飾後に金峰法師を名乗り開基 …

西松ヶ丘磨崖仏
モチ川の杜(西松ヶ丘磨崖仏)

モチ川の杜(モリ)は「生駒の七森」の一つとされる場所。生駒中学校西北隅にほんの一 …

十三重石塔
三昧尾・十三重石塔(興法寺)

興法寺から南へ谷筋を一つ隔てた尾根筋を三昧尾とよび、尾根上に古い墓地があって供養 …

地蔵立像
鬼取墓地の石造遺物(生駒市鬼取町)

鶴林寺前の市道を横切ってまっすぐ東に下っていくと、小高い丘の上にある鬼取墓地の参 …