生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

鷲尾山・興法寺の石仏(東大阪市上石切町)

      2015/08/09

辻子谷ハイキングコースを生駒山上目指して登って行くと、標高約400mの山腹で興法寺の山門に行き着きます。興法寺は鷲尾山と号し、本尊は木造三面十一面千手観音立像で行基の作と伝わっています。


周囲は山に囲まれていますので、車では行けません。

桜の名所・興法寺

興法寺山門
興法寺

興法寺は役行者の開基で修験道場として行基・空海も修行したと伝わる歴史の深い寺院です。境内の時雨桜は神武天皇にゆかりがあると云われ、桜の名所としても名高いのですが、個人的には5月の新緑シーズンが気に入っています。

等身大の立派な地蔵石仏
寛保地蔵
ちょっと「への字」の口元が特徴的

境内や石段周辺にはたくさんの石仏が集められています。近郷近在の信者により寄進されたモノだと思います。

ちょっと斜めから
寛保地蔵
寄進者は肥前国平戸の方のようです。

合掌像の地蔵石仏はあまり見たことがありません。しかしながら、像高約150cmの丸彫り。目が細く、形の整った鼻、への字の口元、そして丁寧に衲衣を刻み、胸のあたりで合掌。流麗な美しさを感じる石仏です。

寛保三年の紀年銘
銘
背後の銘

石仏の背後に回ってみると寛保三年の銘と寄進者の名前が刻されていました。西暦で言うと1743年で、八代将軍徳川吉宗が治める江戸時代中期です。肥前国平戸の方が、どのような願いを込めてこのお地蔵さんを寄進されたのでしょうか。刻銘にある「癸亥」とは干支の組み合わせの最後(60番目)にあたります。そして次の「癸亥の年」は2043年です。その時まで生きていたら答えが分かるような気がするのですが、「生きてないでしょうねぇ」

[2015.04.12 撮影]

 - 生駒山 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

中倉さん
水の神・中倉さん(生駒市俵口町)

前回紹介した朝日地蔵から信貴生駒スカイラインを横断すると、よく踏まれた山道がぽっ …

鳴川峠
鳴川峠の地蔵石仏

鳴川峠は東大阪市四条町と元山上千光寺を結ぶ参詣道として古くから利用されてきました …

金法寺境内
金法寺の石造遺物(生駒市山崎町)

生駒市山崎町(古堤街道沿い)に建つ金法寺は、弓削王が落飾後に金峰法師を名乗り開基 …

五輪塔
無量寺の五輪塔(生駒市壱分町)

近鉄生駒線「一分駅」を下車。旧家の石垣を見ながら矢田丘陵へと歩を進めると、小高い …

髪切地蔵
髪切地蔵の小祠(東大阪市東豊浦町)

髪切山(こぎりやま)・慈光寺から西へ下り、養魚池のある四辻の北西に髪切地蔵の屋形 …

十三重石塔
三昧尾・十三重石塔(興法寺)

興法寺から南へ谷筋を一つ隔てた尾根筋を三昧尾とよび、尾根上に古い墓地があって供養 …

梵字
行円銘の梵字岩(生駒市鬼取町)

鬼取町の四つ辻から生駒山中への山道を登って行くと、山上近くの谷に峰薬師の寺院跡( …

阿弥陀如来
髪切山慈光寺・別石十三仏

髪切と書いて「こ(う)ぎり」と読みます。紅葉で有名な慈光寺さんの山号で、役行者が …

出雲井地蔵尊
出雲井地蔵尊(東大阪市出雲井町)

摂河泉ハイキングコースを利用して枚岡神社に参詣した折には、たいてい神社に参拝後は …

観音巡礼
仏國山・阿弥陀寺の石造遺物(生駒市俵口町)

阪奈道路のガード下を北へ抜けると、立派な石垣にそびえる阿弥陀寺が見えてきます。山 …