生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

朝日地蔵(生駒市門前町)

   

宝山寺参詣道の一つとされ、昭和五十四年に生駒山麓ハイキングコースBとして復元整備された荒池・八丁門峠越の古道は、大阪方面からの旅人がよく利用していました。


八丁門峠は現在の灯籠ゲートのこと。

住道みちとは

文献によると今回紹介する「朝日地蔵」は住道みちの分岐にあったと云います。住道みちとは、すなわち古堤街道のことで八丁門峠を経て宝山寺と生駒山上の分岐点になっていたようです。

朝日地蔵付近の道標(?)
道標
碑文はほとんど読めない。「下り道」と読めるらしいです。

現在はハイキングコースBの枝道として、草深い入り口をかき分けて進む必要があります。途中からはやや明瞭になって、今も参詣される方々のご苦労が偲ばれます。大正時代に交通網が発達し急速に忘れられた存在の参詣道ですが、朝日地蔵への信仰は今も輝きを失っていません。

朝日地蔵
朝日地蔵
背後は信貴生駒スカイラインの断崖

文献には『小高い枯松のもとに佇んで坐すのが朝日地蔵』と紹介されていますが、実際には像高約120cmの船型地蔵立像で、紀年はなく頭部付近の損傷が激しくてお顔の表情が読み取れません。

スカイラインへ
道
車道で分断された向こうに道の続きが、、、

お地蔵さんの後ろから道が下っており、車道の向こう側につながっている様子でした。車道の工事で山を切り崩したのでしょう。コレが損傷の原因かどうかは定かではありません。

彫りの深い朝日地蔵
朝日地蔵
蓮台が新調されています。

文献で紹介されている通り、光背の船型部分は彫りが深く立派です。文献と比較するとお地蔵さんが立つ蓮台は最近になって新調されたようです。コンクリート製の角張った台にお立ちになっていますね。そう言えば、両脇の花立も手入れされた様子です。この花立には明治四十四年の銘があるとのことですが、ふぁんトントは未確認。次回、訪問した際には忘れずに確認してみたいと思っています。

参考文献
生駒市 石造文化財「生駒谷」(昭和五十二年)

[2014.03.09 撮影]

 - 生駒山 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

十三重石塔
三昧尾・十三重石塔(興法寺)

興法寺から南へ谷筋を一つ隔てた尾根筋を三昧尾とよび、尾根上に古い墓地があって供養 …

地蔵
十三峠の地蔵石仏(八尾市神立)

十三峠(じゅうさんとうげ)は、八尾市神立と平群町福貴畑との境界線上にある峠。標高 …

阿弥陀如来
髪切山慈光寺・別石十三仏

髪切と書いて「こ(う)ぎり」と読みます。紅葉で有名な慈光寺さんの山号で、役行者が …

峠地蔵
古堤街道の峠地蔵(生駒市俵口町)

古堤街道は古来、大阪と奈良を結ぶ主要な街道筋として利用されてきました。交通機関の …

寛保地蔵
鷲尾山・興法寺の石仏(東大阪市上石切町)

辻子谷ハイキングコースを生駒山上目指して登って行くと、標高約400mの山腹で興法 …

西松ヶ丘磨崖仏
モチ川の杜(西松ヶ丘磨崖仏)

モチ川の杜(モリ)は「生駒の七森」の一つとされる場所。生駒中学校西北隅にほんの一 …

薬師如来坐像
奥菜畑薬師堂(生駒市西菜畑)

生駒三大薬師の一つ、奥菜畑薬師堂をご紹介します。所在地から西菜畑薬師堂と紹介する …

東高野街道
弘法大師のお堂(東高野街道・東大阪市喜里川町)

山歩きの起点、近鉄瓢箪山駅から北へ商店街のアーケードを歩くと東高野街道と出合いま …

五輪塔
無量寺の五輪塔(生駒市壱分町)

近鉄生駒線「一分駅」を下車。旧家の石垣を見ながら矢田丘陵へと歩を進めると、小高い …

金法寺境内
金法寺の石造遺物(生駒市山崎町)

生駒市山崎町(古堤街道沿い)に建つ金法寺は、弓削王が落飾後に金峰法師を名乗り開基 …