生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

六路の石龕仏(交野市星田五丁目)

   

JR学研都市線の星田駅前にある自転車駐輪場から、そう遠くない場所に珍しい石仏があるというので、星田六十山のピークハントに向かう前に立ち寄ってみました。

正面に見える美容室の前を右折すると用水路が見えてきます。


用水路は六路の川と呼ばれていた

用水路

駐輪場の突き当りから右折して用水路に近づいて見ると、住宅地の排水溝というか、とても川と呼べるようなモノではありませんが、確かに水は流れています。前方は草むらで、「本当にこんなところに地蔵さんが祀られているのか」と疑問に思いながらも、フェンスにつかまってなんとか溝に降りたちました。

蜘蛛の巣をかいくぐると。。。
六路
倒れかけの石碑のようなものが

水量は少ないですが、足場がほとんどありません。山へ行く前に靴を濡らしたくないので、両足を溝両側いっぱいに広げてゆっくり近づくと確かに半肉彫りの石仏がありました。

正面に回ってようやく石仏と分かる
六路
阿弥陀如来と地蔵菩薩の二尊仏でした。

資料によると長方形に加工された石材に二尊が彫られています。頭部に円形の頭光背を浮彫にしていることと、蓮華座に配された七葉の蓮弁が特徴とのこと。

造立年代は室町時代後期と推測される
六路
形態から石龕の奥壁と配置されているものらしい

しかし、なぜこのような誰も来れそうにない場所に置き去りになっているのでしょう。資料によれば、川の改修が行われるたびに土中に埋まっていたと云います。かつては「歯痛地蔵」として信仰を集めていたが、移動させると腹痛が起こるという言い伝えがあると云うことです。なんか言い訳にも聞こえるのですが、二度と再び土中に埋まることはないでしょう。

参考文献
交野市の石造文化財Ⅱ-郡津・森・寺・傍示・星田地区編-

[2015.10.03 撮影]

 - 北生駒 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

とめやん
宝塔神社の石造遺物(大東市野崎)

野崎の観音さんで有名な慈眼寺から東高野街道を南へ進路を取り、さらに野崎大池の周囲 …

辻之町
辻之町公民館前の地蔵祠(大東市北条7丁目)

学研都市線・野崎駅を下車。野崎観音で有名な慈眼寺に向かって真っすぐ歩き、東高野街 …

龍尾寺
起雲山龍尾寺の石造遺物(四條畷市南野)

龍尾寺は行基開山と伝わる古いお寺で、現在は禅宗(曹洞宗)に属しています。権現川を …

延徳銘地蔵
曹洞宗龍光寺の石造遺物(大東市龍間)

龍間地域に伝わる落龍伝説によると、三つに裂けた龍の身体の内その頭部が龍光寺に落ち …

十三仏
無量山・称迎寺の石造遺物(大東市龍間)

生駒山系の北端部と河内飯盛山に挟まれた山間の里に龍間の集落が広がっています。阪奈 …

地蔵石仏
路傍の野仏(交野市藤が丘・星田北)

交野市星田はカルタの句に『秘法で 八丁三所 星がふる』とあるように降星伝説の中心 …

足利義晴公のお墓
足利義晴公のお墓(義晴地蔵寺・交野市星田)

室町幕府第十二代将軍足利義晴公のお墓が、ほしだ園地・妙見宮の近くにあります。さぞ …

小石仏
来雲寺周辺の石造遺物(枚方市尊延寺)

来雲寺は尊延山河内院尊延寺とも呼ばれ、旧村の大半が同寺の檀家であると言います。境 …

手水鉢
戸森山・専応寺と大坂城の石垣(大東市野崎)

専応寺は浄土真宗本願寺派に属し、ご本尊は阿弥陀如来とされ、江戸時代中期の様式であ …

狛犬(阿)
北条神社の狛犬(大東市北条5丁目)

河内飯盛山の西麓、大東市北条町5丁目の高台に北条神社が建っています。神社の古記録 …