生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

生駒山口神社(生駒郡平群町櫟原)

      2016/07/26

生駒山口神社は江戸時代の地図には一之宮と記されています。素戔嗚尊を祀り、雨乞いの神としても知られる神社です。


小高い丘の中腹にある神社

交通の要衝だった生駒山口神社

櫟原川から見る神社の鳥居
生駒山口神社

元山上駅からハイキング道の起点として、立ち寄る人の多い神社ですが、周りがすっかり住宅開発されて、神社の境内は新興住宅地と隣接しています。

首なし阿弥陀立像
首なし阿弥陀如来
鳥居前の橋を渡ったところに立つ

てくてくまっぷなどでは首なし地蔵と表記されていますが、鎌倉中期の作と推定される阿弥陀如来立像です。右手の形から地蔵さんではないと判断できます。もちろん、お顔があれば一目瞭然なんですけどね。

拝殿上部に掲げられた奉納物
薬莢
薬莢と砲弾

今回は石造遺物ではなく戦争遺物を紹介しましょう。最初にお参りしようと柏手を打った手が止まりました。戦争遺物として日露戦争の戦利品などを境内に展示している神社などはこれまでに見たことがありますが、このような形で展示(奉納)されているのは初めて見ました。

大型砲弾
砲弾

このように大型砲弾が石碑のように奉納されているのは、東大阪市の瓢箪山神社でも見かけました。敗戦直後に廃棄されたモノが多かったと云いますが、どのような経緯を経て今日まで保存されてきたのでしょうか。とても興味深いですね。

実際にGHQの政策により昭和27年までに破壊されたものは多かったようです。

神道指令 – Wikipedia

よりしろのふ・帝国陸海軍現存兵器一覧

このような戦争遺物を見て、「戦争はイヤダ」と叫ぶのは簡単です。しかし、この時代に生きていた人々の歴史をもっと正確に真摯に学ぶべきではないでしょうか。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

ふぁんトントは歴史に学びたいと思っています。

[2013.10.22 撮影]

 - 平群・矢田丘陵 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ミヤマグチ
ミヤマグチの地蔵(明心道の石仏・平群町)

奈良・法隆寺の高僧と称えられる道詮律師が引退後の住まいと伝わる富貴寺。(現、白山 …

板碑
石福寺の石造遺物(生駒市萩の台)

正根山・石福寺は融通念仏宗のお寺で、本尊は石造地蔵菩薩立像。旧乙田村の菩提寺とし …

野仏
鳴川ハイキングコースの野仏(二本杉の小石仏)

近鉄生駒線・元山上口駅を降りて櫟原川を横断し、生駒山口神社を過ぎると平坦でのどか …

野仏
矢田寺近くの野仏(大和郡山市矢田町)

矢田丘陵の東麓、奈良市大和田町から大和郡山市矢田町の一帯には長閑な田園風景が広が …

専念寺
専念寺の石造遺物(平群町久安寺)

通法山専念寺(融通念仏宗)は久安寺の旧字南垣内にあり、境内に特筆すべき石造遺物が …

馬頭観音
安明寺叶堂・馬頭観音坐像(平群町三里)

お堂は火事で消失したものの、ご本尊の千手観音様は健在とのこと。叶堂は古くから疫病 …

辻の地蔵
吉新の石仏二題(生駒郡平群町)

生駒郡平群町吉新とは旧字の吉田邑と新家邑が明治八年に合村してできたところです。そ …

船型十一面観音立像
南垣内東入口の石造遺物(平群町久安寺)

久安寺南垣内(現在の平群町久安寺2100番付近)の東入口付近は、七倉を経て信貴山 …

鑑石
長楽寺の石造仏(生駒郡平群町吉新)

藤出山・長楽寺は、ご本尊を聖観音立像とし、用明天皇二年(586)に聖徳太子により …

峯腰痛地蔵尊
峯腰痛地蔵尊(生駒郡平群町櫟原)

以前紹介した「いちはら越」の古道は、櫟原上垣内(峯の垣内)から八尾市神立とを結び …