生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

西庄墓地の石仏(平群町福貴畑)

      2015/07/16

大阪側から十三峠を水呑自動車道で越えると、大きくS字にカーブする手前に西庄の墓地があります。奥に阪奈線63号の鉄塔が見えるのですが、車で通行すると気が付かないかもしれませんね。


西庄の墓地

墓地の入り口で別石の六地蔵に出迎えられます。右から左へと段々に小さくなっていきますが、六地蔵の後方には、最近拡張整備された墓地が広がっています。

六地蔵

右端の地蔵菩薩から見て行きましょう。舟型の彫込でハッキリお地蔵さんとわかります。
DSCF4003

二番目、これは判別が難しい。お顔の部分が激しく風化しています。
DSCF4004

三番目、阿弥陀如来坐像でしょうか。半肉彫で光背は先の二体とは異なります。
DSCF4005

四番目、今度は舟型ですね。両手は合掌しているようにみえますが、、、
DSCF4006

五番目、丸みのない山型でしょうか。これはハッキリ合掌されています。
DSCF4007

六番目、最も小さい石仏です。右に傾くような像容が特徴です。
DSCF4008

周囲が整備されて新しくなった一方で、六地蔵はかなりの年代物であることが推察できます。

必見、阿弥陀坐像(文明年間)

DSCF4010

六地蔵の次に崖を背にして蓮台に鎮座する阿弥陀坐像が目に入るでしょう。平群谷平成三年(平群町教育委員会)によると「高さ68cm、幅36cm、仏身35cm、紀年文明六年」とあります。台座は後に造作されたものかもしれません。残念ながら紀年銘を肉眼で確認することはできませんでした。

DSCF4011

銘文らしきモノ
DSCF4014

旧墓地を見逃すな!

西庄墓地の奥には鉄塔が立っていますので、墓地が巡視路の入り口となっています。巡視路特有のマーキングに従って奥へ進むとフェンスに囲まれた鉄塔にたどり着きます。

DSCF4019

なんと鉄塔の手前には旧墓地がひっそりと残されていました。恐らくココが元々の墓地で鉄塔建設により今の場所に移ったのかも知れません。

残欠が無造作に放置されています。
DSCF4016

こちらは「迎え地蔵」さんでしょうか。
DSCF4017

卒塔婆型板碑が残されています。
DSCF4018

名のある僧侶の墓石が残っているので、それを取り囲むようにこれらの石仏が置かれているような気もします。前述の平群谷誌には記述がないので詳細は分かりません。

[2015.02.07訪問]

 - 平群・矢田丘陵

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地蔵堂
北福貴の地蔵堂(生駒郡平群町福貴)

業平ロマンの道を追って中央公民館の北を左折して西へ向かうと、やがて旧字の北福貴村 …

揺るぎ地蔵
揺るぎ地蔵石仏群(平群町指定文化財)

清水の流れる鳴川には、たくさんの石造遺物が残されています。その代表的存在は、「ゆ …

野仏
矢田寺近くの野仏(大和郡山市矢田町)

矢田丘陵の東麓、奈良市大和田町から大和郡山市矢田町の一帯には長閑な田園風景が広が …

滝ノ上の薬師
滝ノ上の薬師(生駒郡平群町久安寺)

旧久安寺村は古代高安城築城にかかわる人たちが定住した地域と考えられています。北垣 …

専念寺
専念寺の石造遺物(平群町久安寺)

通法山専念寺(融通念仏宗)は久安寺の旧字南垣内にあり、境内に特筆すべき石造遺物が …

船型十一面観音立像
南垣内東入口の石造遺物(平群町久安寺)

久安寺南垣内(現在の平群町久安寺2100番付近)の東入口付近は、七倉を経て信貴山 …

板碑
石福寺の石造遺物(生駒市萩の台)

正根山・石福寺は融通念仏宗のお寺で、本尊は石造地蔵菩薩立像。旧乙田村の菩提寺とし …

ミヤマグチ
ミヤマグチの地蔵(明心道の石仏・平群町)

奈良・法隆寺の高僧と称えられる道詮律師が引退後の住まいと伝わる富貴寺。(現、白山 …

墓地
櫟原墓地の十三仏板碑(生駒郡平群町櫟原)

河内越の山道(林道)と広域農道(フラワーロード)は、とゆかわ橋で立体交差します。 …

地蔵石仏
小仏の辻・地蔵石仏(矢田丘陵・白石畑)

下の航空写真で鉄塔のある山が東山(328m)です。そこからすぐの場所に白石畑と平 …