生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

北福貴の地蔵堂(生駒郡平群町福貴)

   

業平ロマンの道を追って中央公民館の北を左折して西へ向かうと、やがて旧字の北福貴村に差し掛かります。周囲は白壁に石垣、立派な門構えの旧家が立ち並ぶエリアです。


北福貴

ちょっと奥まった場所に地蔵堂

地蔵堂
地蔵堂

Google Mapでもお分かりのように、お堂が道から少し外れた場所にあって、うっかりすると見過ごしてしまいます。ちょっと古びた瓦屋根の下に四体の石造物が一列に並べてありました。

船形名号碑
船形名号碑
右端にあります。

南無阿弥陀仏と刻された名号碑は比較的保存状態が良いのか、碑文が完全に解読されていました。それによると紀年名は永禄九年とされています。

左手の三体
地蔵堂
阿弥陀三尊像が立派です。

右から、船形地蔵立像は背が低く、涎掛けが全面に掛かっているので像容を確認できませんでした。中肉彫りの古い形式から念仏講初期の作とされています。

注目は中央の自然石船形彫込阿弥陀三尊像でしょう。紀年名は刻されていませんが名号碑と同時代のものと推察されています。非常に味わい深い阿弥陀さんです。

最も左にあるのが山型二尊仏板碑で、周りをよく見るとまだまだ小石仏が置かれているようすでした。資料文献によると、小石仏は九体あるとのこと。当日は先を急いでいたので、全く気が付きませんでした。そう長くないハイキングコースなので、ゆっくり慌てず石仏を愛でながら歩きたいものです。

参考文献
奈良県生駒郡平群町石造文化財 平群谷(平成三年)

[2014.05.04 撮影]

 - 平群・矢田丘陵 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

峯腰痛地蔵尊
峯腰痛地蔵尊(生駒郡平群町櫟原)

以前紹介した「いちはら越」の古道は、櫟原上垣内(峯の垣内)から八尾市神立とを結び …

馬頭観音
安明寺叶堂・馬頭観音坐像(平群町三里)

お堂は火事で消失したものの、ご本尊の千手観音様は健在とのこと。叶堂は古くから疫病 …

船型十一面観音立像
南垣内東入口の石造遺物(平群町久安寺)

久安寺南垣内(現在の平群町久安寺2100番付近)の東入口付近は、七倉を経て信貴山 …

ミヤマグチ
ミヤマグチの地蔵(明心道の石仏・平群町)

奈良・法隆寺の高僧と称えられる道詮律師が引退後の住まいと伝わる富貴寺。(現、白山 …

滝ノ上の薬師
滝ノ上の薬師(生駒郡平群町久安寺)

旧久安寺村は古代高安城築城にかかわる人たちが定住した地域と考えられています。北垣 …

金毘羅神社
キョウ山の金毘羅さん周辺の石仏など(生駒市萩の台)

石福寺や金毘羅さんがある旧乙田村の中心地は生駒市萩の台に町名が変わったようです。 …

西庄墓地の石仏(平群町福貴畑)

大阪側から十三峠を水呑自動車道で越えると、大きくS字にカーブする手前に西庄の墓地 …

首なし阿弥陀如来
生駒山口神社(生駒郡平群町櫟原)

生駒山口神社は江戸時代の地図には一之宮と記されています。素戔嗚尊を祀り、雨乞いの …

揺るぎ地蔵
揺るぎ地蔵石仏群(平群町指定文化財)

清水の流れる鳴川には、たくさんの石造遺物が残されています。その代表的存在は、「ゆ …

板碑
石福寺の石造遺物(生駒市萩の台)

正根山・石福寺は融通念仏宗のお寺で、本尊は石造地蔵菩薩立像。旧乙田村の菩提寺とし …