生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

櫟原墓地の十三仏板碑(生駒郡平群町櫟原)

      2016/05/11

河内越の山道(林道)と広域農道(フラワーロード)は、とゆかわ橋で立体交差します。立体交差付近から南東方向(美の谷)の風景が素晴らしいです。


とゆかわ橋と峯腰痛地蔵尊

美の谷から平群谷を見渡す

美の谷
美の谷

峯腰痛地蔵尊から南東方向がよく開けていて見晴らしが素晴らしいです。美の谷とは旧字名ですが、峯の地蔵から南東方向(巳の方向)を意味しています。近年、南側の林が切り開かれて住宅開発が行われました。最近の様子はかなり変わっています。

櫟原トンネル
櫟原トンネル
トンネル内の通行可能

とゆかわ橋から北へ進むと櫟原トンネルの南側に至ることができます。トンネル内は人の通行が可能ですが、石仏に興味がある方はトンネル内を歩かずに、山越えのルートを歩きましょう。ただし、興味のある人だけですよ。

櫟原墓地
墓地

広く切り開かれた山道を登っていくと、トンネル上部にあたるこんもりとしたピーク上に墓地があります。かつては墓地とともにお寺があったと云います。ズラッと並んだ六地蔵と左端の山型十三仏板碑が出迎えていただけます。

山型十三仏板碑
十三仏
像高150cm

享保四年の紀年が刻されており、三列四段で尊像を深く彫り込んだ立派な十三仏板碑です。船形六地蔵立像は左端のお地蔵さんにのみ紀年が刻されていて、享保二年となっていました。六地蔵の場合、このパターンはよくあります。

櫟原墓地は古くからある墓地とあって、上記以外にも必見の石造物が存在します。なかでも船形宝篋印塔板碑は、見ておきたいのですが一人でウロウロするには少々勇気と根性が必要です。この写真を撮影したころは、まだ肝が据わっておらず、そそくさと立ち去ってしまいました。今なら大丈夫だと信じているのですが、いかがなものでしょうか。

参考文献
奈良県生駒郡平群町石造文化財 平群谷(平成三年)

[2013.10.22 撮影]

 - 平群・矢田丘陵 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地蔵堂
北福貴の地蔵堂(生駒郡平群町福貴)

業平ロマンの道を追って中央公民館の北を左折して西へ向かうと、やがて旧字の北福貴村 …

西庄墓地の石仏(平群町福貴畑)

大阪側から十三峠を水呑自動車道で越えると、大きくS字にカーブする手前に西庄の墓地 …

揺るぎ地蔵
揺るぎ地蔵石仏群(平群町指定文化財)

清水の流れる鳴川には、たくさんの石造遺物が残されています。その代表的存在は、「ゆ …

馬頭観音
安明寺叶堂・馬頭観音坐像(平群町三里)

お堂は火事で消失したものの、ご本尊の千手観音様は健在とのこと。叶堂は古くから疫病 …

専念寺
専念寺の石造遺物(平群町久安寺)

通法山専念寺(融通念仏宗)は久安寺の旧字南垣内にあり、境内に特筆すべき石造遺物が …

地蔵
中央公民館前の石造物(生駒郡平群町福貴)

生駒川(竜田川)にかかる平群橋を横断すると正面に地蔵屋形があるのに気が付きます。 …

鑑石
長楽寺の石造仏(生駒郡平群町吉新)

藤出山・長楽寺は、ご本尊を聖観音立像とし、用明天皇二年(586)に聖徳太子により …

板碑
石福寺の石造遺物(生駒市萩の台)

正根山・石福寺は融通念仏宗のお寺で、本尊は石造地蔵菩薩立像。旧乙田村の菩提寺とし …

峯腰痛地蔵尊
峯腰痛地蔵尊(生駒郡平群町櫟原)

以前紹介した「いちはら越」の古道は、櫟原上垣内(峯の垣内)から八尾市神立とを結び …

野仏
矢田寺近くの野仏(大和郡山市矢田町)

矢田丘陵の東麓、奈良市大和田町から大和郡山市矢田町の一帯には長閑な田園風景が広が …