生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

長楽寺の石造仏(生駒郡平群町吉新)

   

藤出山・長楽寺は、ご本尊を聖観音立像とし、用明天皇二年(586)に聖徳太子により建立されたと伝わる平群町屈指の名刹です。尊像は藤出山観音と号します。


由緒あるお寺ながら、こじんまりとした場所にあります。

聖徳太子がお座りになった石

20140504_0012
長楽寺の山門

境内に入るとお目当ての「鑑石(カンガミイシ)」をさっそく探し回りました。そう広くない境内なのですが、しばらくキョロキョロして山門をくぐって直ぐの左手にあるのをやっと見つけました。

鑑石(カンガミイシ)
鑑石
周囲を石柱が取り囲む

周囲を石柱で取り囲む中に丸い石版のようなものが置かれていました。これが「鑑石」です。資料文献によると「聖徳太子が物部守屋討伐の時座ったという伝説の石で、元は(ここから)東200m、幼稚園の辻にあったというものである」と紹介されています。

ちょっと上から
鑑石
鑑石が半分しか写ってなくてすみません

「座った」を「腰を掛けた」と思い込んでいました。したがって、もう少し厚みのあるモノを想像していたのです。考えれば椅子に座る習慣なんて最近の話で、床の上に足を組んで座ったのですね。鑑石が敷物のように薄い理由に納得できます。

鑑石(石碑)
20140504_00021
大正十二年七月建之

どちらかと言うと石碑の方に興味がありました。この石碑は長楽寺に鑑石が運び込まれたときに造られたものでしょうか。そうすると、お寺の創建年から考えると、ごく最近まで由緒ある鑑石が路傍の辻にあったということですね。伝説とともに大事にされてきた石であることが理解できます。

参考文献
奈良県生駒郡平群町石造文化財 平群谷(平成三年)

[2014.05.04 撮影]

 - 平群・矢田丘陵 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

船型十一面観音立像
南垣内東入口の石造遺物(平群町久安寺)

久安寺南垣内(現在の平群町久安寺2100番付近)の東入口付近は、七倉を経て信貴山 …

辻の地蔵
吉新の石仏二題(生駒郡平群町)

生駒郡平群町吉新とは旧字の吉田邑と新家邑が明治八年に合村してできたところです。そ …

地蔵
中央公民館前の石造物(生駒郡平群町福貴)

生駒川(竜田川)にかかる平群橋を横断すると正面に地蔵屋形があるのに気が付きます。 …

野仏
矢田寺近くの野仏(大和郡山市矢田町)

矢田丘陵の東麓、奈良市大和田町から大和郡山市矢田町の一帯には長閑な田園風景が広が …

馬頭観音
安明寺叶堂・馬頭観音坐像(平群町三里)

お堂は火事で消失したものの、ご本尊の千手観音様は健在とのこと。叶堂は古くから疫病 …

久保東の辻
久保東の辻付近の石造遺物(平群町久安寺)

立石峠から久保西の石仏を見てまっすぐ東に進むと、左に分岐する道があり道標とカーブ …

ミヤマグチ
ミヤマグチの地蔵(明心道の石仏・平群町)

奈良・法隆寺の高僧と称えられる道詮律師が引退後の住まいと伝わる富貴寺。(現、白山 …

滝ノ上の薬師
滝ノ上の薬師(生駒郡平群町久安寺)

旧久安寺村は古代高安城築城にかかわる人たちが定住した地域と考えられています。北垣 …

峯腰痛地蔵尊
峯腰痛地蔵尊(生駒郡平群町櫟原)

以前紹介した「いちはら越」の古道は、櫟原上垣内(峯の垣内)から八尾市神立とを結び …

専念寺
専念寺の石造遺物(平群町久安寺)

通法山専念寺(融通念仏宗)は久安寺の旧字南垣内にあり、境内に特筆すべき石造遺物が …