生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

古堤街道の峠地蔵(生駒市俵口町)

   

古堤街道は古来、大阪と奈良を結ぶ主要な街道筋として利用されてきました。交通機関の発達や近年の宅地開発でその道筋は一変し、人々の記憶から消え去ろうとしているのかもしれません。


生駒山麓公園の北側は生駒市と四条畷市の境界線(同時に府県境となる)

峠地蔵は微妙な位置に立っていた

生駒山麓公園の北西にある動々(どど)池の辺に巨木の丘なる場所があります。公園内の散策路を抜けて外周路に案内板が立っていますが、それらしき巨木は見当たりません。その巨木の丘の北側の高台に行ってみると、、、

峠地蔵
峠地蔵
かつてここは峠だった?

外周路から細い道をたどった高台の上にあるので、見つけるのに一苦労かもしれません。ここは、かつての街道筋の峠付近で現在でも四条畷市と生駒市の境界線が近いところ。即ち、府県境に相当します。

石龕内にお祀りされた地蔵さん
峠地蔵

生駒の古道(生駒民俗会)の書籍で紹介された峠地蔵ですが、詳細は全く不明なお地蔵さんです。お地蔵さんを囲う平たい岩を組み合わせた石龕も素晴らしいですし、何より穏やかで柔らかい雰囲気が全体から感じられて見入ってしまいます。左手に宝珠、右手に錫杖を持ち船形光背に肉厚の半肉彫り、蓮台に至るまで細かい装飾が見られます。

静かに目を閉じた表情(?)
峠地蔵
味わい深いお地蔵さんです。

供花やペットボトルのお水など、周囲の様子から今も深い信仰を集めている峠地蔵。朝日地蔵さんより古い時代の造立なのかと推察していますが、いつもの文献資料にも取り上げられていない様子。峠地蔵の位置は四条畷市と生駒市の境界線が近い。もしかしたら、ここは四条畷市なのか?それとも、調査員の方々が四条畷市と勘違いしたのか、そもそも忘れられた存在なのでしょうか?

いずれにしても、微妙な立ち位置であることに変わりはなく、今後もひっそりと佇んでおられることでしょう。

[2015.05.30 撮影]

 - 生駒山 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

薬師如来坐像
奥菜畑薬師堂(生駒市西菜畑)

生駒三大薬師の一つ、奥菜畑薬師堂をご紹介します。所在地から西菜畑薬師堂と紹介する …

十三仏
谷田西墓地の十三仏板碑(生駒市元町)

生駒山系の旧墓は小丘の頂上部に設置されていることが多い。谷田西墓地もその一つで、 …

十三重石塔
三昧尾・十三重石塔(興法寺)

興法寺から南へ谷筋を一つ隔てた尾根筋を三昧尾とよび、尾根上に古い墓地があって供養 …

西松ヶ丘磨崖仏
モチ川の杜(西松ヶ丘磨崖仏)

モチ川の杜(モリ)は「生駒の七森」の一つとされる場所。生駒中学校西北隅にほんの一 …

鳴川峠
鳴川峠の地蔵石仏

鳴川峠は東大阪市四条町と元山上千光寺を結ぶ参詣道として古くから利用されてきました …

地蔵
十三峠の地蔵石仏(八尾市神立)

十三峠(じゅうさんとうげ)は、八尾市神立と平群町福貴畑との境界線上にある峠。標高 …

寛保地蔵
鷲尾山・興法寺の石仏(東大阪市上石切町)

辻子谷ハイキングコースを生駒山上目指して登って行くと、標高約400mの山腹で興法 …

阿弥陀如来
髪切山慈光寺・別石十三仏

髪切と書いて「こ(う)ぎり」と読みます。紅葉で有名な慈光寺さんの山号で、役行者が …

東高野街道
弘法大師のお堂(東高野街道・東大阪市喜里川町)

山歩きの起点、近鉄瓢箪山駅から北へ商店街のアーケードを歩くと東高野街道と出合いま …

朝日地蔵
朝日地蔵(生駒市門前町)

宝山寺参詣道の一つとされ、昭和五十四年に生駒山麓ハイキングコースBとして復元整備 …