生駒の石仏(旧館)

http://ikomasekibutsu.blogspot.jpへ引っ越しいたしました。

*

北条神社の狛犬(大東市北条5丁目)

   

河内飯盛山の西麓、大東市北条町5丁目の高台に北条神社が建っています。神社の古記録によると、祭神は京都北野神社の御神木で像を刻んだものらしいです。


河内飯盛山に向かって緩やかに登っていくと左手に見えてくる。

神社の石造遺物は狛犬の鑑賞から

石造の狛犬が主流になったのは江戸時代以降だそうです。したがって石仏のように古いからと言って「素晴らしい」とは限りません。それだけに眼力を養わないと良いモノに出会うことはできないでしょう。

高さ2mを越える文化四年の石灯篭(台石を含む)
石灯篭
やはり銘は気になりますね。

北条神社の石段と鳥居
北条神社

北条神社の石段と鳥居を見上げます。境内は参道から少し高い場所にありました。鳥居には延宝年間の銘が刻んであります。

北条神社境内
境内

境内の説明板によると、元は権現川・津の辺の浜辺から水害の難を避けて遷座されたようです。戦国時代に飯盛城主の守護神と仰がれ、明治五年に北条神社となったとのこと。

狛犬(阿)
狛犬(阿)
足の下に玉を持つ「玉取型」

ご挨拶もそこそこに、さっそく狛犬を見学。なかなか凝った造りの狛犬です。

狛犬(阿)
狛犬(阿)
尻尾もいい感じ

尻尾は「火炎太鼓の峰」なのか。風化が進んでいて判別がむつかしい。

狛犬(吽)
狛犬(吽)

角はないようです。

狛犬(吽)、右足
狛犬(足元)

右足にも獣の顔を丁寧に彫り込んであります。最初にしては当たりではないでしょうか。

狛犬(吽)、尻尾
DSCF4005

こちらの方が分かりやすいでしょうか。狛犬の台座に「明治廿四年十月建」と刻まれていました。拝殿前にはもう一対、小さい狛犬が置かれています。

狛犬(阿)拝殿前(屋根下)
狛犬(小)

一回り以上小さくて、デザインはシンプル。ちょっとあっさりしています。

狛犬(吽)
狛犬(小)

しかし台座に刻まれた年号は、「明和九年九月吉日」とあります。こちらが初代の狛犬だったのでしょう。大正・昭和初期に円熟期を迎えたという狛犬の歴史を見るようで面白い。ますます興味が深まってきました。

参考サイト

狛犬雑学事典ギャラリー

 - 北生駒 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

山の神
権現川の「山の神」石碑(四条畷市南野)

室池の溜池を親水とする権現川の清流は、古来より多くの人々の生活を潤してきました。 …

箱仏
新道しるべ仏(私市共同墓地の石仏)

降星伝説の地・天野川に沿って国道168号を南東に歩くと、やがて尺治川と分岐するあ …

とめやん
宝塔神社の石造遺物(大東市野崎)

野崎の観音さんで有名な慈眼寺から東高野街道を南へ進路を取り、さらに野崎大池の周囲 …

足利義晴公のお墓
足利義晴公のお墓(義晴地蔵寺・交野市星田)

室町幕府第十二代将軍足利義晴公のお墓が、ほしだ園地・妙見宮の近くにあります。さぞ …

DSCF4163
円通池の小石仏(枚方市津田南町)

枚方八景の一つとされる国見山は生駒山系の最北に位置し、木津川・宇治川・桂川が出会 …

手水鉢
戸森山・専応寺と大坂城の石垣(大東市野崎)

専応寺は浄土真宗本願寺派に属し、ご本尊は阿弥陀如来とされ、江戸時代中期の様式であ …

十三仏
無量山・称迎寺の石造遺物(大東市龍間)

生駒山系の北端部と河内飯盛山に挟まれた山間の里に龍間の集落が広がっています。阪奈 …

天牛将富
権現川勧請縄の野仏(四条畷市南野)

大阪府民の森・むろいけ園地を流れる権現川流域のハイキングコースは、手軽に森林浴を …

地蔵石仏
路傍の野仏(交野市藤が丘・星田北)

交野市星田はカルタの句に『秘法で 八丁三所 星がふる』とあるように降星伝説の中心 …

高岡神社
高岡神社の石造遺物(交野市星田)

星田六十山には市街地の独立峰が含まれており、その内の一座に高岡山(78.6m)と …